カテゴリ:zakka ( 48 )

◇ラッピング


d0065228_1163778.jpg
かわいらしくラッピングされたプレゼントは、
それだけでもとても嬉しくなりますよね。
だから私も、誰かへのプレゼントやお返しをする時、
ラッピングにはちょっとだけこだわります。
パリパリとした薄い紙を麻のひもで結んだり、
包み紙にわざとパンチングでたくさん穴を開けたり。
図工の時間のように、どうしようかと色々と考えて
自分なりの「かわいい」を見つけます。

d0065228_1164854.jpgd0065228_1165665.jpg
最近見つけた紙テープ。
ちぎってペタと封をすると
雰囲気が出て素敵です。
茶色い紙に赤と白の紐の
組合せは秋冬向けかな。
色や素材の組み合わせで
季節を表現するのも楽しい。
[PR]
by tomikoro | 2006-08-17 11:35 | zakka

◇ボトルラック


d0065228_9323217.jpg
以前、神戸の雑貨店巡りをした時に購入した
アンティークのボトルラックです。(ようやくアップ)
いかにもな感じで置くのは違う気がして、
こうして玄関先の端っこにポンと置いてます。
取っ手は木でほかはアイアン。
錆び錆びだけど、とてもしっかりとした作りで
ちょっとやそっとでは壊れそうにありません。
そういえば、先日LEEマルシェにて
似たようなラックを発見しました。
大きさも作りも風合いもかなり違いますが、お値段もかなり違っていてちょっとショック。笑
仕方ないことなんだろうけど、アンティークのものって、
お店によってお値段にかなりひらきがありますよね・・・。(うぅっ・・・)

d0065228_9324841.jpg
こちらもアンティークのじょうろ。
イギリスのものを探していましたが、
どれもうちには少し大きい気がして諦めました。
このじょうろはサイズもちょうど良く、
色も淡いブルーがかわいい気がして
アメリカのものだしJUNK過ぎやしないかと
不安でしたが、買ってみました。


実際に置いてみると、錆びの具合も傷の入り方もやりすぎ感がなくて、
いかにも!な感じにはなっていない・・・かな?
同じアンティークでも国が違うと雰囲気がガラリと変わりますよね。
私はやはり、ヨーロッパのそれが好きなんですけれど。
このお家に住んでもうすぐまる2年。
ようやく、似合うものと似合わないものとの判別がつくようになってきた気がします。
[PR]
by tomikoro | 2006-08-11 09:55 | zakka

◇安藤さんのマグ


d0065228_1543241.jpg

安藤雅信さんのマグカップ。
3ヶ月ほど前に予約していたのですが、ようやくお店から入荷の連絡が入りました。
このマグカップは人気者で、白と黒の同時入荷はほぼないですと言われてたのですが、
ラッキーなことに、同時入荷したとのこと。日頃の行いが良いからね、なんてニンマリ。笑
意外だったのはとても軽いこと。重たいマグは使いにくいですものね。

朝のカフェオレは高校生の時から使っているミッフィーのマグ。
けれど、明日からはこの大人マグでいただきましょう。
ミッフィー・マグは未来の我が子に引き継いでもらうことにします。
(いつになるやらわかりませんが・・・)

::雨が続きますね~。玄関先に置いたボトルラック、なかなか撮影できません。苦笑
[PR]
by tomikoro | 2006-07-25 15:20 | zakka

◇神戸・雑貨を楽しむ1日

d0065228_16252314.jpg


昨日、
「TRITON CAFE」で開催中の"かご展"へ行きました。
このお店、お好きな方も多いかと思いますが・・・
私も大好き!です
お店の内外観はもちろん、雑貨、カフェメニューなど
どれをとっても完璧。素敵ですよね。


d0065228_16255721.jpg


さて、その"かご展"で出会ったのがこの子。
ピクニック・バスケットを小ぶりにしたようなデザイン。
アイアンの閂でふたに鍵をします。
今回はボトルラックも探しにきたので
そこに挿して飾るアンティークボトルとともに購入です。



d0065228_1626662.jpg

「TRITON CAFE」を後にして
訪れたのが「BROCANTE tit.」。
小さな小さなお店の中を
床をきしませながらそっと歩きます。
ここで素敵なアンティークのボトルラックを発見。
アイアンで取っ手だけ木という素朴なデザインです。
さっき見つけたボトルとも相性が良く、
我が家の玄関先にさりげなく飾ることに決めました。


d0065228_16261655.jpg

その後は栄町界隈をウロウロ。
「haus」や「dantan」、「Flugel」、
「plage」(またもやお休み。残念!)を経て
海岸通りへ・・・。「PENNY WISE」を横目に
海岸ビルヂングへ入ります。
まずは大好きなセレクトショップ、
「3et domi」へ。



今回は雑貨巡りというテーマだったので(妙なところで頑固な私)、
洋服が気になりつつもヘアアクセサリーに目をやります。
蝶々モチーフが素敵なアンティークのヘアクリップが気になりました。
淡く、くすんだピンク。ヘアクリップになら、かわいい色もOKですよね。笑
その後、「草灯舎」さんへも行ったのですが・・・お食事にでも行かれていたのでしょうか
店内に入れずでした。ドアのガラスからそっと中をのぞいて、ため息。残念でした。

実はこの後、苦楽園まで戻り「KICA」さんを訪れます。
そこでもまた、かわいい出会いがありました。
そのお話はまた次回、「BROCANTE tit.」さんで購入したボトルラックとともに
アップしようと考えています。
[PR]
by tomikoro | 2006-07-17 17:00 | zakka

◇むかしのPaper bag


d0065228_12361483.jpg

雪の中を行く馬車や教会、
スケートをするカップルが描かれた
アンティークのペーパーバッグ。
シックな色使いに惹かれました。
紙質も少しゴワッとしていてスキ。
ちょっとしたお菓子をプレゼントする
時に、封筒として・・・など、
どんな使い方をしようか考えてます。


最近は文房具に加え、ペーパーアンティークも気になります。
上等な紙でなく、素朴な紙で作られた紙袋や封筒、便箋なんかが特にスキです。
[PR]
by tomikoro | 2006-07-02 12:46 | zakka

◇晴れの日が恋しい


d0065228_11563277.jpg
今日もこちら大阪は午前中から
ぐったりするような蒸し暑さです。
雨が降っては止み、晴れては曇り。
なんだか気分まで滅入ってしまう。

梅雨時、私が一番気にするのは
我が家の草花の状態です。
こうジメジメしていると、どうしても
虫たちがあちこちからやってきて
花にいたずらを始めます。
リースにはまる虫が大量発生!
バラの葉裏にはハダニが・・・。
放っておくと、葉は全て黄色くなりやがて枯れ落ちてしまいます。
なので、夕方になるとせっせと草花に肥料をやり、防虫剤をまいてという日が続きます。
草花の世話をしている時間はとても楽しいのですが、この時期は特に虫が絡んでくるので
毎回ドキドキしながら生育を確かめています。

ひと休みにクッキーを焼いて、夏だけどホットミルクでいただきました。
大好きな詩人、谷川俊太郎さんの本を読みながら。
[PR]
by tomikoro | 2006-06-30 12:05 | zakka

◇Bonbon


d0065228_15283018.jpg


ローズの香りのキャンディ。
フランス語ではBonbonというらしいですね。
一粒頬張ると、とっても幸せな気持ちになれます。
そう、自分がまるでしっとりと美しい女性になったかのような、そんな気持ちに。笑
私にとって、このキャンディは「メルモちゃん」のそれなのです。うふふ。
[PR]
by tomikoro | 2006-06-29 15:36 | zakka

◇かわいい影


d0065228_2030338.jpg

お昼過ぎになるとリビングの壁にあらわれる影。
影絵を見るようで楽しい気持ちになります。









d0065228_20301451.jpg


正体はお気に入りのガラスシェード。
雨の降る日、電気を点けるにはまだ早いけど
でも何だか部屋の中が暗いなぁという時が
数少ないこの子の出番です。
テーブルの周りをやわらかく照らしてくれます。
[PR]
by tomikoro | 2006-06-24 20:41 | zakka

◇お道具箱と文房具


d0065228_11455550.jpgd0065228_1146853.jpgd0065228_11462554.jpg









ヒヤシンスの茎で編まれたカゴ。 これが私のお道具箱です。
普段使いのレターセットやお土産にいただいた封筒、絵葉書、ぽち袋などが入ってます。
そこに今回仲間入りしたのが、ラバースタンプ。
小さい頃によく見かけた筆箱のようなアルミ缶にアルファベットがずらりと並んでいます。
こういうのって、開ける時のワクワク感がまた良いのですよね。

小学生の頃、机の引き出しに丁寧に重ねてしまっていたキキララのレターセットや、
パティ&ジミィの鉛筆、スヌーピーのメモ帳。まんが「なかよし」の付録なんかも。
そういうものを集めてはウキウキしていた、子供の頃のように
最近また私の中で文房具ブームが巻き起こっています。
[PR]
by tomikoro | 2006-05-21 11:58 | zakka

◇麻のカーテン


d0065228_1025035.jpg
「リネンバード」にオーダーしていた
麻のカーテンが届きました。
薄手すぎない白い麻の生地。
部屋の中が以前より少し暗くなるかな?と
懸念していたのですが、そんな心配も無用でした。
リビングにはやわらかな光が射し込んできて、
何故だか優しい気持ちにさえなれます。
こんなに落ち着けるなら、
もっと早くにオーダーしておけばよかった。


うちのリビングは住宅内の道路に面しています。
この家に決めた当初は窓も大きくて、南東からの光がたくさん入ってきて
気持ちいいだろうなぁとワクワクしていました。
家の場所も奥まっているので、人通りも少ないだろうし快適だろうと。
・・・が、今では家の前がご近所のお子様方の遊び場と化しています。
私の家の前だけは平地で、角地で奥まっているため車の出入りも少なく、
子供たちを安心して遊ばせられるコーナーのよう。
私が想像していた静かな環境とはかけ離れつつあります。
子供のいない私達にとって、子育ての大変さは想像し難く、それでも
理解しようとはしてみるものの、ついつい愚痴がこぼれてしまうのです。

でも、こんな風に落ちこんでばかりもいられない。
とりあえず内外から目線を遮る厚手のカーテンを購入することにしたのでした。
後は、騒音。子供達が遊ぶ遊具の音はゴーゴー、ガラガラと地響きを伴います。
それをシャットアウトしてくれる神様のようなアイテム、「内窓」を取り付けることにしました。
今ある窓の内側に、もう1つサッシ+窓を取り付けるのです。二重窓ですね。
こうすると、家の中がまるで静かな図書館のようになるとのこと。
聞いただけで心弾みました。
来週末には工事です。それまでは、イライラを抑えて2Fの寝室に非難生活とします。苦笑
[PR]
by tomikoro | 2006-05-07 10:56 | zakka